たった5分で効果が出る脚やせマッサージのやり方

脚 マッサージ

毎年、この季節がやってくると『あ、ブーツがきつい……』と思ったことはありませんか?

すらっと伸びた脚、ぎゅっと締まったふくらはぎは、女性にとって羨望の的 。

今年こそすっきりふくらはぎを手に入れて、ピタピタブーツに挑戦しませんか?

今回は、1日たった5分で効果を実感できる脚やせマッサージについてお伝えします。

理想のふくらはぎのサイズとは?

ふくらはぎサイズ

ふくらはぎにもベストサイズがあることをご存じですか?

『身長(センチ)×0.2=一番太い部分の理想的なサイズ (センチ)』

と言われています。

例えば、身長155センチの場合 155センチ×0.2=31

つまり、31センチがその人にとって脚が一番きれいに見えるベストなふくらはぎのサイズということになります。

ちなみに私の場合、ふくらはぎの実寸は34センチでした。

ベストサイズを計算してみましょう。

身長152センチ×0.2=30.4

私の場合、ベストサイズまで目標マイナス4センチということがわかりました。

かなりきつい目標数値ですが、頑張ってチャレンジします。

ふくらはぎが痩せるタイミングはいつ?

ふくらはぎやせる

そもそも、ふくらはぎは、体全体の中でも脚やせ効果を実感しにくい場所ですが、部分やせは、やはり難しいのでしょうか?

実は、やせていく場所には順番があります。

最初にやせるのは『肝臓』、2番目が『内臓脂肪』、最後が『皮下脂肪』。

これは、そのまま脂肪燃焼の順番と考えれば良いでしょう。

皮下脂肪は、皮膚の内側につく脂肪のことで、太もも、お尻につきやすいとされていて、内臓脂肪よりも落とすのが難しいと言われています。

ふくらはぎにも、筋肉の下や間に皮下脂肪がついていますから、単純に考えれば、皮下脂肪に働きかけて脂肪を燃焼させれば、ふくらはぎは細くなるはずです。

ところが、順番で言うと、皮下脂肪は一番最後にやせる部分ですから、効果を実感するまでには、それなりの運動と時間がかかりそうです。

いやいや今すぐ、いやもうこの瞬間にもほっそりした脚を手に入れたい!

そんな乙女心にお応えし、別の視点で脚やせ効果を狙っていきましょう。

ふくらはぎを太くしている3つの原因

ふくらはぎ太り

『筋肉太り』

筋肉質なふくらはぎに悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

筋肉について一般的に言われているのは、トレーニングを1カ月休むと筋肉は減少するらしいのです。

ですから、今現在も定期的にハードなトレーニングを続けているならともかく、そうでなければ、昔ついた筋肉が落ちて脂肪になっていると考えられます。

もちろん筋肉も残っているので『筋肉+脂肪』で太くなっているケースと考えられます。

『脚のむくみ』

夕方になると靴がきつくなったり、ふくらはぎがずーんと重くなったりという経験はありませんか?

私の場合、指の腹でふくらはぎを押すと、クッキリと跡が残って、なかなか元に戻らないことがよくあります。

帰宅途中では、歩いていると重たいふくらはぎが、ずーんとぶら下がっているような感覚になります。

これが『むくみ』と呼ばれるものです。

一日中立ち仕事をしていたり、一日中座りっぱなしの同じ姿勢でいることが多いデスクワークなどは、足がむくみやすいと言われています。

長い時間の立ちっぱなしは、重力によって血液が足に溜まりやすくなり、同じ姿勢で座っているデスクワークは、運動不足による冷え性や血行不良を引き起こし、それに伴って、むくみが起こります。

むくみをそのままにしておくと、血行不良の状態のまま老廃物はどんどんたまっていきますから、むくみが慢性化し、脚は太いまま固定可されてしまいます。

『ぼこぼこ!セルライト』

左腕の手のひらを上にして、右手で左腕のひじ下をムギュッとねじるように絞ってみてください。

何やらでこぼこしたものがあらわれませんか?

それが、『セルライト』です。

セルライトは、医学的には脂肪と全く同じものですから、マッサージで消滅させることはできません。

あくまでも脂肪なので、減らす方法は燃焼しかありません。

しかし、もう既に述べましたが、皮下脂肪の燃焼は、やせる順番が一番最後ですから、効果を実感するには、残念ながらある程度の時間を要します。

脚やせ効果抜群のリンパマッサージ

リンパマッサージ

ふくらはぎを太くしている原因を3つを紹介しましたが、このうち1つでも当てはまるなら、脚やせ効果は、マッサージで十分狙えます。

マッサージを行うことで、脂肪細胞を強く刺激し、筋肉や固くなった脂肪を柔らくする効果が狙えます

さらに、血液の循環がよくなり、脂肪や老廃物がきちんと体外に排出されるようになると、むくみやセルライトが徐々に解消しますから、その結果、サイズダウンにつながるわけです。

そこでおすすめしたいのは、リンパマッサージです。

リンパマッサージとは、『リンパ節』に詰まった老廃物などを押し出すことで、リンパ液を流れやすくするマッサージのことです。

リンパ節は、体中のリンパ管が集まってくる中継点。

高速道路のジャンクションや駅の乗り換えが集まっているポイントを思い浮かべてください。 何台もの車や複数の電車が中継点に集まってきます。そこに1台でも故障車や走行不良の電車があったらどうでしょう。後ろからは、どんどん後続車が入ってくる。前は、故障車のせいで詰まっている。 リンパ節も渋滞を解消してあげないと、リンパ液の流れがスムーズに行われないのです。

老廃物の詰まったリンパ節をほぐすために行う方法が、手を使って『押す』ことです。

『押す』といっても、グイグイ、力を入れて痛いぐらいに押すのは、NGです。

せっかくのマッサージも、正しいやり方で行わないと、効果半減。 高い効果を得るためには、正しい手順で基本を守って行うことが大切です。

リンパマッサージの3つの基本

リンパマッサージ基本

リンパマッサーを正しく行うための基本は『手順』、『方向』、『圧(押し方)』の3つです。

3つの基本をしっかり守って正しく行っていきましょう。

手順

必ず、リンパの最終出口である『鎖骨』から始めること。

リンパマッサージは、まず最初に、鎖骨の下にあるリンパ節をほぐすように流しておきます。

これは、顔、足、お腹など、どの部位を行う時にも、まず最初に鎖骨下のリンパ節をほぐします。そうすることでリンパの通り道をきれいにするというイメージで行います。

方向

リンパを流す方向は、リンパ節に向かって流すこと。

脚やせマッサージを行う場合は、ひざの裏側にリンパ節がありますから、足首からひざ裏方向に、上に向かってに流すような感じでマッサージを行います。

圧(押し方)

押し方ですが、皮膚だけに刺激が伝わるくらいの力でやさしく行いましょう。

グイグイ押すようなマッサージをする必要はありません。やさしくソフトな圧力が、リンパマッサージには最適と言われています。

温泉に入ったときなど、自然と片手で肩から鎖骨にかけてなでるような動作を良くするでしょう。実は、リンパマッサージにはそのぐらいの力が最適であると言われています。

脚やせマッサージでむくみとはさようなら

むくみ

それでは基本を守って、リンパマッサージに挑戦してみましょう。

 

  1. まず、床に両足を伸ばして座り、ひざを立てます。
  2. 片方の手で握りこぶしをつくり、足指のつけ根から甲に向かってグーでほぐすように押し流します。このとき、甲に向かって、それぞれの足指の骨の間にあるリンパを流すようにしてマッサージをしましょう。
  3. 足指のつけ根から、今度は指先に向かって1本ずつ関節ごとに押しほぐすようにマッサージをしましょう。
  4. 足首からひざの裏にかけては、両手を交互に使って足首からひざ裏に向かってゆっくりとさすり上げます。
  5. ひざの裏側は特にリンパが滞りやすい場所なので、丁寧にもみほぐしましょう。

 

1回5分、1日数回行うことで、老廃物がリンパ節に滞ることなく体外に排出されようになれば、むくみも解消され、ふくらはぎのサイズダウン効果が期待できます。

マッサージ効果をさらに高めるための5つのポイント

マッサージ効果

リンパマッサージをより効果的に行うためには、ポイントがあります。

とても簡単なことばかりですから、ぜひ実践してみてください。

マッサージを行う前に水(コップ1杯程度)を飲む

水を飲むことでリンパ液の濃度が薄まり、リンパ液が流れやすい状態になります。

リラックスする

当たり前のことですが、緊張した状態ではリンパ節もほぐれにくいままです。

リラックスして緊張から解放された状態の中で行うことで、リンパ節はよりほぐれやすくなり、その結果、リンパ管がゆるみ、リンパ液の流れがスムーズになります。

ご自分の好きなアロマを使ったり、お香でも良いでしょう。

さらに、リラックスできるようなヒーリング音楽をかけるなどして、ご自分がリラックスできる環境を作りましょう。

リンパマッサージは入浴後が最適

お風呂から上がった後は、体が温まっていて血行も良くなっています

入浴後に行うことで、より高いマッサージ効果を得られるでしょう。

適度な運動

筋肉を動かすことはリンパの流れを改善する効果をもたらします

とはいえ、ハードな筋トレは、必要ありません。

例えば

・スクワットをゆっくり10回
・早歩き(5分程度)
・簡単エクササイズ(ダンスエクササイズ、リズム運動等)

など、ふだんから行っているような軽い運動でOKです。

マッサージ後はお茶を1杯

せっかくリンパマッサージで渋滞を解消し、リンパ液をスムーズに動かしてあげたのですから、できるだけ早く体外に老廃物を出してしまいましょう。

『利尿効果』の高いお茶を飲むことで、排泄を促進しましょう。

紅茶やハーブティー、それに緑茶やコーヒーも利尿効果の高い飲み物ですから、おすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、脚やせに有効なむくみをとるためのリンパマッサージをお伝えしました。

つらい運動はちょっと・・・という方も、忙しくて運動なんてする暇がない! という方も、これなら空いた時間にたった5分で簡単にできるので、おすすめです。

毎日続けることで、きっと効果を体感できますので、お好きな香りや音楽をうまく取り入れて、楽しみながら続けてくださいね。